FC2ブログ

Gacha

One by one…
I will send accessories to you from a petit atelier.

order engagement ring

2018040901.jpg

婚約指輪のオーダーを頂き、制作しました。

前回ご紹介をした、結婚指輪のセットリングとなる婚約指輪です。
素材はPt900です。

正面にはダイヤモンドを3つ配置し、
結婚指輪のミル打ちの粒よりも少し大きめな丸い爪達で石留めをしています。
そしてアームは少し尖らせ、凛としたアンティークな雰囲気に。

結婚指輪では、全体的にマットな質感で仕上げていましたが、
重ね付けした際にどちらもが引き立つ様にする為に、
婚約指輪は鏡面仕上げにしております。

2018040902.jpg

新婦様の好きなデザインを新郎様からお伺いしつつ、
新郎様のこだわりが沢山詰まった指輪が完成しました。

この度は結婚指輪から婚約指輪までオーダーを頂き、
誠にありがとうございました。
お二人の末永いご多幸を心よりお祈り致しております。

Gacha
  1. 2018/04/09(月) 20:25:34|
  2. etc...

order marriage ring

2018040801.jpg

結婚指輪のオーダーを頂き、制作しました。

柔らかさのあるようなマットな質感の指輪。

新郎様の指輪は、6mmのしっかりとした印象のある幅に。
上下のストレートのラインはシャープさを残しつつ、
少し丸みのある形に整えています。

新婦様の指輪は、一粒のダイヤモンドを2点の爪で留めています。
その横には小さな飾りの粒も配置し、
上下のミル打ちのラインと共に手元できらきらと輝き、
アンティークな雰囲気のあるデザインとなりました。

2018040802.jpg

この度は貴重な結婚指輪のオーダーを頂き、
誠にありがとうございました。

そして今回は新婦様にサプライズで、
結婚指輪のセットリングとなる婚約指輪も制作させて頂きました。
次回ご紹介させて頂きます。

Gacha
  1. 2018/04/08(日) 10:58:51|
  2. etc...

order brilliant pinky ring

2018011401.jpg

ピンキーリングのオーダーを頂き、制作しました。

キラキラと細かな縦のラインを刻んだ、
サプライズな贈り物の指輪。

普段も身に付けやすく、指になじむ様な太さという事で
指輪は1mmと華奢な細さにしています。

2018011402.jpg

定番のアクセサリーとしても制作しているデザインですが、
定番よりも縦のラインを細かく刻み、
手元を動かす度に小指でキラキラと輝くピンキーリングとなりました。

オーダーしてくださり、誠にありがとうございました。

Gacha
  1. 2018/01/14(日) 18:35:58|
  2. etc...

order marriage ring

2018010601 

結婚指輪のオーダーを頂き、制作しました。

個性的なシルエットに、縦のラインがきらりと光る指輪。
素材はK18YGです。

新郎様の指輪は、甲丸と平打ちの指輪を重ね付けしている様なデザインに。
上下を逆にする事で雰囲気も変わり、
その日の気分によって楽しめる個性豊かな指輪となりました。
新婦様の指輪は、細めなシルエットに見える用に断面を台形にしています。
新郎様の指輪のイメージと合わせる為に、丸みのある台形にし、
柔らかい雰囲気の指輪となりました。

2018010602.jpg

そしてお二人の指輪の側面にも細かなラインを加えて、
どの角度からも楽しめる、こだわりが詰まった指輪が完成しました。

この度は貴重な結婚指輪のオーダーを頂き、
誠にありがとうございました。
お二人の末永いご多幸を心よりお祈り致しております。

そして新年のご挨拶が遅くなってしまいましたが、
本年もこつこつと制作していきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Gacha
  1. 2018/01/06(土) 18:00:47|
  2. etc...

『diary 2016/9/24 マチノブンカサイ2017』

2017092401

マチノブンカサイ
2017年9月23日

ワークショップを体験してくださったお客様方、
教室に足を運んでくださったお客様方、
マチノブンカサイ関係者の皆様、
誠にありがとうございました。

一週間前は台風、そして前日は雨…という事もあり
準備をしながら天候が心配でしたが、
当日は過ごしやすい気候に恵まれた一日でした。

こつこつと夢中になって作業をしながら楽しく会話をし、
とても素敵なアクセサリー達が完成しました!
年々男性の方の参加率も増え、
そういった事もとても嬉しく思っています。

2017092402

ワークショップで使用した真鍮は時間と共に色合いが変化していき、
経年変化も楽しめる素材です。

お手軽なお手入れの方法もありますので、ご紹介を。
重曹に少しお水を加えシャーベット状にしたものを綿棒などでこすります。
そして水洗いをし、水分をしっかりと拭き取り完成です。
程よく経年変化も残しつつ、綺麗に出来ます。
また追加で磨き用のクロスで磨くときらり綺麗になりますので、お試しくださいね。

皆様、本当にありがとうございました。

Gacha
  1. 2017/09/24(日) 22:52:50|
  2. etc...
前のページ 次のページ